ひきこもりの定義‐「20代後半までに問題化し、6ヶ月以上、自宅にひきこもって社会参加しない状態が持続しており、ほかの精神障害がその第一の原因とは考えにくいもの(斎藤1998)」

 ひきこもりの定義についてはまだ一定したものがありません。

 しかし、明確な精神疾患・精神障害をもつ人たちと、そうではない、「病気とよんでよいかわからないが、ひきこもりを続けている」人たちがいることが指摘されており、その見分けをしっかりと行うことが大切となります。

 ひきこもりの人数→明確な人数は把握できていませんが、推計では100万人を超えているという意見が多数を占めています。

 長期化の深刻さ→各団体や専門家調査などでは、ひきこもり当事者の3割前後が30代を占めており、ひきこもっている期間も10年を超える人が2割を超えるとも言われています。 これらの点から、ひきこもりは放っておいたままでの回復は極めて難しいことを示唆しています。